MENU

シミに効く飲み薬・美白

当サイトは、【シミに効く飲み薬】を中心にシミに効果のある化粧品やサプリなどシミに効果のある商品・成分をわかりやすくご紹介しています。
シミでお困りの人、シミに効く商品をお探しの人の商品選びの参考なればうれしいです。

シミに効く飲み薬

ロスミンローヤル

 

「ロスミンローヤル」は、ドラッグストア・DSアインズが手がける女性用保健薬の美白サプリメントです。第三類医薬品に分類される高品質な内容に仕上がっています。

 

トウキ・シャクヤク・ハンゲ・ニンジンなど9種類の生薬のほか、ローヤルゼリー・ニコチン酸アミド・リボフラビン・アスコルビン酸・カルニチン・パントテン酸カルシウムなど22種類の有効成分を配合しているのが「ロスミンローヤル」の特徴。

 

初回購入者限定特典として、通常価格7,600円の50パーセントオフ、3,600円でのご利用が可能です。単品での購入、定期購入いずれの場合も割引が適用されるので、このチャンスを活用してみてはいかがでしょう?

 

 

▼ロスミンローヤルの公式サイトはこちら▼

ロスミンローヤル

マスターホワイト

「マスターホワイト」は最高グレードの美容成分が16種類贅沢に配合されたオールインワンタイプのシミに効く飲み薬です。

 

その有効成分は、アスタキサンチン、プロテオグリカン、L-システイン、マルチビタミン、セラミド、など美容に関心が高い人に嬉しい充実の内容に。

 

美白効果も期待できる「マスターホワイト」は、単に肌を白くするだけでなく、身体の新陳代謝をアップさせる流れで、肌の透明感をアップさせたり、保湿を高めたりと、健康面にもしっかり働きかける魅力があります。

 

また、「マスターホワイト」を活用することで、肌に関するトラブルを未然に防ぐ効果が狙えるため、面倒に感じがちな肌ケアを効率的に行えるメリットが得られます。

 

「マスターホワイト」は高級なサプリメントに分類されますが、類似品にはマネできないアンチエイジング対策、美白対策をしっかり行いたい人は選択肢に入れておいて損はないコスメです。

 

シミに効く飲み薬、摂取するタイミング

美容目的、健康目的に関わらず、一般的な薬は食後30分以内が摂取のタイミングとして好ましいと考えられています。

 

どうして30分以内なのかというと、食べ物から栄養素が体内吸収される時に一緒にサプリメントの有効成分を入れた方が効率的に身体への働きかけができるからあのです。

 

食事で吸収した栄養素と薬に含まれる成分の相乗効果により、健康的な身体づくりが行えるため、食後30分以内がベスト、ということなんですね。

 

しかし、あくまで一般的な薬が食後すぐに、というだけの話であって、すべての薬にとって好ましい条件ではないので、その都度チェックをしておく必要があります。

 

シミに効く飲み薬を使う上では、身体への影響も考えて説明書に記載されている内容を参考に使用していきましょう。わからない点がある場合はメーカーへの問い合わせや、病気持ちの場合は、医療機関での医師の診断を受けるようにしてみてください。

シミに効く飲み薬、水溶性を使用する際のコツ

シミに効く飲み薬は多く出回っていますが、その多くに「水溶性タイプ」もあり、ビタミンB、ビタミンCが有効成分に含まれています。しかし、それらの成分は摂取すれば安心というものではなく、摂り入れた何割かは尿として体外排出してしまう問題があります。
そのため、水溶性のシミに効く飲み薬を使用する場合は、服用を数回に分けて少量を飲むと、美白効果をより得やすくなります。
シミに効く飲み薬は、水溶性の成分で構成される場合が多々あるため、服用の際は水を使用することで吸収率が高まると考えられています。

シミに効く飲み薬、副作用について

美白効果を狙う薬はその種類も豊富で、それぞれに特化した有効成分があります。どれがご自身にピッタリなのか解りにくいですし、もしかしたら相性の問題から健康トラブルにつながるかもしれません。
そのため、多くの人から高い評価を得ているからといって安易に購入に踏み切るのはオススメしません。ご自身の体質、目的に合致した内容であるかをきちんとチェックした上で利用することを考えておきましょう。
また、疾患を持っている場合なら、医療機関やメーカーへの直接の問い合わせといた確認を忘れないようにしてみてください。

メラニン生成を抑制するシミに効く飲み薬、白髪のリスクは?

シミに効く飲み薬のメリットといえば、肌を白くすることができる点。しかし、デメリットとして考えられるのが、メラニン生成活動を押さえることによる「白髪」増加のリスクですね。
肌のくすみの原因になるメラニンですが、同時に髪の黒さを保つ重要な成分でもあるため、シミに効く飲み薬を過剰に使用する際には注意を払う必要があります。
が、そのまま、毛髪全体への白髪リスクを高めるという話ではないので、過度に神経質になるのも禁物です。
ただ、問題が感じられるようなら、使用の頻度を変更するなどの工夫を忘れないようにしましょう。

シミに効く飲み薬と紫外線リスク

シミに効く飲み薬を使用することでメラニンが生成されにくくなり、その結果として白髪が増えるという問題が出てくるのですが、それ以外にも考えられるリスクはあります。
それが、紫外線への抵抗力減退の問題です。
メラニンは、美白を考える上では生成を抑えておきたい成分ですが、同時にシミ・シワなどの肌トラブルの原因となる「紫外線」から身体を守る機能を持っているのです。
肌は日焼けをすると紫外線を普段よりも多く体内に吸収し、その度合が大きいと炎症を引き起こす問題に繋がります。メラニンは炎症から身体を護るために肌を黒くして防御しているのです。
美白を促すためにメラニンの生成を押さえると、同時に太陽から降り注ぐ紫外線からのダメージを押さえるのが難しくなります。その結果として紫外線がもたらす、肌のシミ・シワといったトラブルの対策に悩まされるかもしれません。
うまくシミに効く飲み薬と付き合うためにも、さまざまな肌の特徴、成分の効能・リスクといった点を踏まえておくことが求められます。
面倒くさいと感じる話ですが、後々後悔しないためにもぜひ知っておいてください。

 

 

シミに効く化粧品

白く透き通るようなクリアな肌は、女性の憧れですが年齢を重ねるにつれてどうあがいても肌はくすんでいってしまうのが現状です。若いときに受けた紫外線が蓄えれられ、これが20代後半から30代に掛けてシミを生み出してしまうのです。シミで肌はくすんでしまい、白い肌でもなくクリアでもなく、老けてしまったように見えてしまいます。
今、どれだけ紫外線対策を行っていても、数年前のシミ予備軍は潜伏しているのです。しかし、潜伏してるシミ予備軍を取り除くことでシミを消しクリアな白肌を維持することができるんです。
シミを消すには、日々のスキンケアに美白化粧品を使うこと。これりかありません。ですが美白化粧品は多くのメーカーがいろいろなものを販売していますので、どれが効果が高いのかよくわかりませんので、なかなか1つを選ぶのは、難しいです。どれも同じように効果がありそうに見えるんです。ただ、値段的にもそんなに安いものでもありませんので、1回でいいものを選びたいものです。
当サイトでは、どの美白化粧品を選択すればシミを消すことができるのか選択できない方に、コストパフォーマンスが高く、しっかり美白効果が得られる美白化粧品をランキング形式でご紹介します。

 

ビーグレン

ビーグレンは「10年前に肌の時計を戻す」ため、予防型と漂白型の2つのシミに効くケアを行います。国際特許を取得した特有の浸透テクノロジーを使用しているため浸透性が高く、最先端の美白ケア、3代美白成分を能率的に浸透させることが可能でシミを消すことができます。
メディアやコマーシャル等で大々的に商品を広めることをしていないにも関わらず、商品の優秀さから首位を獲得するまでに多くの支持を集めている美白化粧品です。
できてしまったシミを消すのにもっとも効果のあるといわれているハイドロキノンと言う成分が入っています。できてしまったシミを消すのならビーグレンがお勧めです。

 

 

ラグジュアリーホワイト

数多くの女性誌で何度も掲載されているラグジュアリーホワイトは、最優秀ベストコスメ大賞を受賞するほどに評判の美白化粧品です。全体美白と部分美白の2つを採用し、様々な角度からシミを消すことへ働きかけます。
皮膚のプロが使用者目線で開発していて、肌トラブルを抱える数多くの女性に納得して頂けるシミに効く化粧品です。

 

 

デルメッド

製薬会社が開発した出るメッドホワイトニングシリーズは、複合成分「ピュールブラン」を調合していて、使用した当日からシミの要因メラニンの生成を抑えます。
美白成分の研究を継続して50年という歴史を持つ製薬会社が開発した製品なので、その効果は折り紙つきです。それに厳選された素材を使っているので、敏感肌の方にとくにお勧めです。

 

アスタリフト

新発想の4次元美白を行うアスタリフト。こちらはお馴染みフジフイルムより販売されている美白化粧品です。肌の表面に見えるシミのみでなく、肌の奥に潜伏するシミ予備軍「未来のシミ」までもを全方向から働きかけます。3つの新美白テクノロジーでメラニンの生成を防止!浸透性も高いので効果に期待が持てます。

 

 

シミとターンオーバーの結びつき

シミが発生してしまうと、美白化粧品などを使い美白ケアを行わなければ一生消えることはない・・・
とお思いの方も多いかと思いますが、実際のところシミは自然と消滅するのです。
なぜならば、肌の「ターンオーバー」に答えがあります。
ターンオーバーというものは肌の代謝の周期のことで、およそ28日周期に肌の細胞が作られ剥がれ落ちるのです。
このターンオーバーが正確な周期であれば、角質層と共にメラニン色素も剥がれ落ちるため、シミの要因になるものが排除されシミができにくい肌へとなるのです。
ですがターンオーバーの周期が崩れると角質層も正確に剥がれ落ちることがなくなり、メラニン色素がずっと蓄えられる状態となり、シミが発生しやすく消えにくくなってしまうのです。

 

人の肌は表皮・真皮・皮下組織の3層で構造されています。表皮が最も皮膚と近く、皮下組織が最も奥となります。
表皮はたったの0.2ミリほどの薄さしかありませんが、肌の瑞々しさや水分を保つのに重要なのです。
そして表皮の下の真皮は、コラーゲンやエラスチンからできており、肌のハリ・弾力を保ちます。
その下の皮下組織は最も奥にあり、肌の基盤です。
表皮の基底層で生成された細胞は、分裂を反復しながら角質層まで届き最後は剥がれ落ちます。
古く不要となった角質は自ずと剥がれ落ちるのが、正確なターンオーバーです。
ですがこのターンオーバーの周期が崩れると、一般的に剥がれ落ちるはずの角質が肌に蓄えられた状態となり、無論肌はくすみ全くクリアな肌にはなりません。
どれだけ美白化粧品を使っていてもターンオーバーが崩れていては全くの無意味なのです。
すなわち美白化粧品の効果が有効となるのは、肌のターンオーバーが正確でなければいけないのです。

 

ではどうして肌のターンオーバーが崩れてしまうのでしょうか?その答えは生活週刊に要因があります。
生活リズムが乱れていたり睡眠不足・精神的なストレス等がターンオーバーを崩しています。
すなわち規則正しく生活をしていれば、ターンオーバーは正確になります。ですがこのご時世、女性は忙しく心身ともに疲れがちですよね。
お肌の為にも少しでも自分に優しくし、綺麗な美白肌を作りましょう。

 

妊娠するとシミは出来やすい?

よく耳にする噂かと思います。しかしこれは噂でもなく事実なのです、
妊婦さんのシミは通常紫外線等で発生するシミとは異なり、妊娠性肝斑と言われます。
妊娠性肝斑は女性ホルモンが影響していて、妊娠と深い繋がりがあります。
女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類に類別されるのですが、妊娠すると女性ホルモンのバランスが乱れ、プロゲステロンが増えるのです。
いずれの女性ホルモンも増えるのですが、とりわけプロゲステロンが増えることによりメラニンの生成がエスカレートしてしまうのです。
ですので妊娠中の方はシミやそばかすがどうしても発生しやすくなってしまうというわけなのです。

 

妊娠性肝斑が発生するのは大抵妊娠2、3ヶ月と、産後の2、3ヶ月とされています。
この際に出来る限りシミを発生させにくくするために、紫外線対策と美白ケアを念入りに行う必要があります。

シミに効く薬・シミを消す化粧品の失敗しない選び方とは

シミは女性にとって肌の天敵です。シミがあるというだけで実年齢より老けて見えてしまったり、肌がくすんで見えてしまったりするので、シミに効くをしている女性も多いでしょう。ですがシミに効くの薬やスキンケア製品や化粧品がありふれていて、どれを選ぶのがベストなのかわからなくなりますよね。
女性誌やメディア・コマーシャルなどでもシミに効くの化粧品をオススメしており、あれもこれも効きそう・・・結局どれがいいの?と思いますよね。ですが中にはシミに効くのための薬や化粧品と宣伝していても、さほどシミに対して作用しない化粧品もないわけではないのです。ですのでシミに効く薬・化粧品を間違えないための選択法をお教えします。

 

肌の奥からシミ消し・美白対策!シミに効く薬の成分

シミを消す化粧品や美白化粧品などのスキンケアで美白をする他に、日々の食事によって美白対策を行うことが出来ます。
表面的な美白対策だけではなく、体の内側からの美白対策も行うことで、さらに美白効果がアップします。

ビタミンC

美白効果をもたらす栄養素では、ビタミンCが有名ですよね。
ビタミンCにはメラニン生成を抑える、またはシミを薄くし予防する働きがあります。
美白化粧品の多くにビタミンCが含まれていますが、表面的な対策と内側からの対策とでは効果に差が表れます。
ですから可能であれば外側と内側の双方からビタミンCを摂りたいですね。
ブロッコリー・レモン・イチゴ・さつまいもなどには豊富にビタミンCが含まれていますので、食材選びの際に活用するといいでしょう。

ビタミンA

ビタミンAは肌の代謝を促す働きがあり、肌のターンオーバーを通常通りにさせる作用があります。
ターンオーバーが通常通りに行われれば、女性の敵であるお肌のシミやくすみなどの不具合からも避けられます。
他にも不要な角質を落とす作用もあります。
レバーやうなぎが有名ですが、他にもニラ・小松菜・ほうれん草などにもビタミンAは豊富に含まれています。

ポリフェノール

ポリフェノールには抗酸化作用があることで知られていますが、他にもアンチエイジングの効果もあるのです。
体の中に現れる活性酸素を取り除く作用があり、ポリフェノールを摂ればシミやシワの発生を抑えられます。
ポリフェノールでは赤ワインが有名ですが、ココア・ブルーベリー・緑茶などにも豊富に含まれています。

 

このような食材を毎日のように摂ることはなかなか困難ですので、薬やサプリで補うのがオススメです。

 

シミに効く化粧品を見極める3つのコツ

1.シミを消す美白有効成分がきちんと含まれているもの
2.美白効果のみならず保湿成分も含まれているもの
3.シミを消す成分のビタミンC・ビタミンAの代謝成分がたっぷり含まれているもの

 

以上の3つが見極めるコツです。
こんなのあって当然!と思うかもしれませんが、実際にはこの3つが含まれていないシミに効くの化粧品が多くあるのも事実なのです。
なぜこの3つが見極めるコツなのかを簡潔ですがお教えします。

シミに効く美白有効成分がきちんと含まれているもの

 

シミに効くの化粧品に最も大切な成分です。
この美白有効成分が含まれていないと、シミを消すことはできません。
シミに効く化粧品や美白化粧品は、これがきちんと入っています。
ですが含まれている量が少量のものが多々あり、その効果のほどは・・・どうでしょう。
よく見かけるようなシミに効く化粧品、シミ サプリや美白化粧品は、多くのものがあまり期待出来ないと思ってください。

 

その他に、「ハイドロキノン配合」のシミに効くのための化粧品もあります。
このハイドロキノンは美白の効果を持っており、シミに効くには適していると言えます。
ですがハイドロキノンは皮膚科で治療薬として使われているもので、非常に強い働きがあります。
ですので扱いが困難とされているだけに、ハイドロキノン配合と表記されていても安心できるものではありません。
ところがここ最近はハイドロキノンの働きを活用した安全面が高い化粧品も多く販売されています。
安心できるものではないと申しましたが、当サイトではハイドロキノンが含まれているシミに効くのための化粧品は安心してお使い頂ける化粧品を紹介しています。

.美白効果のみならず保湿成分も含まれているもの

シミを防ぐためには、シミの要因となる紫外線から肌を守らなければなりません。
皆さんはお肌の具合により紫外線を受け方が異なることをご存知ですか?
肌が乾燥しがちだと紫外線を防ぐ抵抗力が落ちて紫外線を受けやすくなってしまうのです。
肌が瑞々しいと紫外線を受ける強さも低くなりますので、お肌の保湿は紫外線対策には必須なのです。
美白成分のみならず保湿成分もしっかり豊富に含まれているシミに効くの化粧品は、効果が期待出来るということです。

.シミを消す成分のビタミンC・ビタミンAの代謝成分がたっぷり含まれているもの

ビタミンC・ビタミンAは肌の代謝成分です。この二つの成分は周期的に肌のターンオーバーを正常に行うために必須となる成分なのです。
そしてビタミンCは、通常のビタミンC誘導体ではなく濃い濃度のビタミンCが含まれているものを選択しましょう。
濃い濃度のビタミンCはビタミンCの成分を濃縮されたもので、シミに効くに非常に適しています。
浸透力の高い作用があるものを選択すると最良です。

 

 

シミを消す成分ハイドロキノンが含まれている化粧品とリスク

あらゆる美白成分よりハイパワーな働きを持っているハイドロキノンは、シミを消し、肌を白くする効果があります。
ですがこのうえなく強力な働きがあるので、使い方や容量を誤るとリスクが高まることがあります。
ハイドロキノンは正確に使えば問題ありませんが、少しの過ちで肌にトラブルが起こってしまうこともあります。
ですのでこのページでは、ハイドロキノンの効き目と悪影響・安全面の高いハイドロキノンが含まれているスキンケア商品をご紹介します。

 

シミに効く成分のハイドロキノンとは?

最初にハイドロキノンについて解説します。
ハイドロキノン別名ヒドロキノンとも言う成分は、美白効果・漂白効果を持つ医薬成分となります。
皮膚科などで肝斑の処方箋としても出てくるように、その効き目と安全性は確証されています。
薬事法が改善されたことによって、日本では2001年よりスキンケア商品等に含まれることが可能になりましたが、欧米ではそれ以前から様々な商品に使われてきました。
とあるハリウッド女優が抜群に美しい白肌をしていて、その秘訣を紐解いたことにより世界中で話題となりました。

 

ハイドロキノンの効き目がいかなるものかと言うと、美白成分アルブチンの100倍もの効き目があるのです。
アルブチンは市販されているスキンケア商品に記載されていたりしますよね。
美白の効果があるアルブチンの100倍の効き目というのですから、ハイドロキノンの美白の効き目は絶大です。

 

これを耳にすると、ハイドロキノンは革新的な美白成分と思えてしまいますよね。
ところが長所のみでなく短所もあるのです。

 

ハイドロキノンの短所は大きく分けると2つ。
1つ目は調合が困難ということです。

 

熱・光・酸素にもろいハイドロキノンは、いくら調合できたとしてもその品質効果が悪くなるということです。
熱・光・酸素は私たちの日常の中で普通に存在するものです。
これが保存方法や品質管理によりハイドロキノンの作用が失われてしまう危険性があります。
ですのでハイドロキノンの作用を維持させることのできるトップ技術を持つ製薬メーカーでないと、作ることが困難と言えるでしょう。

 

2つ目の短所は、ハイドロキノンには副作用という悪影響があるということです。
こんなに効き目があるハイドロキノンが2001年まで日本国内で使用が禁止されていたのでしょうか?
その答えは、ハイドロキノンは少しの量でも効き目は高いですが、肌にかぶれ・かゆみなどの肌ドラブルを引き起こす悪影響がある
恐れがあるからなのです。

 

ハイドロキノンを多量に含んだ化粧品を使用すると、無論悪影響の危険性も高くなります。
このような悪影響の危険性がないように、厚生労働省ではハイドロキノンの濃度を2%と指導しているのです。
ですが禁止ではなく指導なので、一般の企業やメーカーは4〜10%程の濃度が高いハイドロキノンを含んだ化粧品を販売しているのも実際にあります。

 

間違いなく多く含めば含む程に美白の効き目はありますが、もしも肌トラブルが起こってしまったとしてもどうにもなりません。
ですから、高濃度のハイドロキノンが含まれている商品を購入するのは避けておいたほうが賢明でしょう。

 

他にも、ハイドロキノンが含まれている化粧品で輸入して購入している方もいます。
ハイドロキノンが含まれている化粧品は確実に価格が高いですが、海外の商品はその地に住む人の肌に合わせて作られています。
欧米の人の肌と日本人の肌では質が異なりますので、海外の商品はとてもリスクが高いと言えます。
それに海外の商品を使って肌に何かあったとしても、誰かが何とかしてくれるというわけでもありません。

 

以上述べたように短所があるハイドロキノンですが、正確に使えばリスクはなくクリアな白肌になることができます。

肝班って何?

 

肝斑とは、いわゆるシミの一種で30代前後にできやすいシミなのです。実はシミと一つに言っても何種類もあるのです。
この頃ではテレビコマーシャルなどで肝斑対策のサプリメントの宣伝を行っているため、耳したことがある方が多いかと思います。
肝斑が発生する箇所は大抵顔の頬・額・口周辺で、左右に対照的に発生することが多いのです。
肝斑の性質がこれで、シミと見分けるにはこれで見分けると分かりやすいです。
またシミと異なり色が見分けやすく、薄茶色のような色です。また凹凸がなく平で、皮膚との境界が分かりやすいのも肝斑ならではの性質です。

 

肝斑が発生する原因は、大抵が妊娠や出産が発端です。他にも、避妊や生理痛対策などで服用するピルを飲んでいる人にも出来やすいそうです。
すなわち、シミは紫外線によって発生しますが、肝斑は女性ホルモンによる働きで発生するものなのです。
ですからシミは男女共に発生しますが、肝斑はほぼ女性だけに見られます。
専ら大抵が女性ホルモンの働きで発生するものですが、紫外線を多く浴びたり年齢を重ねたり、化粧品等での肌トラブルも一つの原因とも考えられます。

 

ですが肝斑はシミと同じようにスキンケア商品や有効成分により取り除くことが可能です。
妊娠や出産が発端で肝斑が発生してしまった人は、いつの間にか薄くなっていることもあります。
ですがそこに紫外線を受けてしまったり強い摩擦を受けてしまうと、簡単には消えません。
肝斑を消すためには、ハイドロキノン配合のスキンケア商品やビタミンC・トラネキサム酸等が含まれたものを使うと良いでしょう。
これらは肝斑に有効的なのです。
他にも、エステサロンやクリニックでよくあるビタミンCのイオン導入も有効的です。
表面的な治療の他にも、ドラッグストアなどで市販されている内服薬も効果があります。
内服薬は体の内側から働きかけるので、表面的な治療よりも効果的と言えます。
ですがその分反作用もあり、内服薬の服用を止めるとまた肝斑が発生してしまう恐れもありますので、長期的に服用しなければなりません。
一つ気をつけたいのが、クリニックでシミ消し等のレーザー治療がありますが、肝斑には効き目がなく反対に色が濃くなってしまう恐れがありますので、注意しましょう。

シミに効く美白化粧品で美白ケアをしよう

クリアで綺麗な肌は女性としては憧れますよね。
クリアな肌になるために沢山の方が美白スキンケア商品を使っているかと思います。
ですが使っていて美白の肌になった!と感じたことはありますか?
言われてみたら白くなったような・・・でも今日は血色がいいからなぁ・・・といった曖昧な感じですよね。
あまりにも明確でないので、効果のほどはなんとも言えないと思います。

 

それに美白スキンケア商品は様々なメーカーが販売していますので、さて買おう!となったとき、どれを購入したらいいのかわからなくなりますよね。
そこで確実に有効な美白スキンケア商品の3点の特徴をご紹介します。
この3点の特徴が全部該当する美白スキンケア商品でなければ、期待通りの美白効果の手応えはないでしょう。

高い保湿効果があるかどうか

美白と保湿って関係してるの?そう思ってしまう方もいるかと思いますが、美白と保湿は非常に繋がりが深く、保湿が損なわれると美白の効果も
表れません。
美白になれれば保湿は二の次でいいや、なんて思ってはいませんでしょうか?
ですがそれは判断違いで、肌がきちんと瑞々しくなり、そこから美白の効果が出てくるのです。
肌が乾燥してしまっていると肌への不具合が生じます。
シワはもちろんのこと、吹き出物・肌のくすみ・そばかす・・・。
肌が乾燥している状態ですと、紫外線を受けやすくなってしまいシミが出来やすくなってしまうのです。
ですので保湿効果の強い美白スキンケア商品でないと意味がないのです。
とは言え保湿に重点を置く商品と比較すると、美白スキンケア商品は必然的に保湿効果は低下してしまいます。
大抵そのようなスキンケア商品ですが、その中でもきちんと保湿効果が有効なものがありますので、それを選ぶようにしましょう。

浸透力が高い

浸透力が高いスキンケア商品を選ぶということは非常に大切です。
どれほど良い成分が含まれていても、浸透力がなければ効果は無意味となります。
すなわち肌の表面上だけが潤い、一時だけのスキンケアとなってしまいます。

 

浸透力が無いスキンケア商品を使っていると、肌は白くなっていくでしょう。
ですがそれはただ白いというだけで、折角肌は白いのに肌がくすんで見えてしまいます。

 

しかしながら浸透力が高いスキンケア商品は、肌の奥深くまで有効成分を浸透させるために肌がクリアになっていきます。
肌の奥深くから白さを導くので肌はくすむこともなく、真の白肌がゲットできます。

 

ですから浸透力が高いスキンケア商品を選ぶのは必須ですね。

ハイドロキノンが含まれているもの

日本国内で扱っている美白有効成分の中でも、最も効果的なのがハイドロキノンです。
それに郡を抜いた美白効果があるので、ハイドロキノンが含まれていない美白スキンケア商品と比較しても一目瞭然です。
美白商品を購入する際には、ハイドロキノンが含まれているかどうかを調べると良いでしょう。

 

ですがハイドロキノンは非常に強力な作用がある成分なので、含まれている量が多量ですと肌にダメージを与えてしまう恐れがあります。
それ故サンプルやお試しセット等でパッチテストを行い、自身の肌に適しているかを調べましょう。
加えて、出来る限りハイドロキノンの濃度が低いものを選ぶようにすると良いでしょう。

 

以上の3点全てに該当する美白スキンケア商品であれば、確実に美白効果を得ることができます。

 

そこで上記3点に全て該当しているシミに効く美白スキンケア商品をランキングにてご紹介。

 

No.1 ラグジュアリーホワイト
多くの女性誌で何度も掲載されているラグジュアリーホワイトは、最優秀ベストコスメ大賞を獲得している評判の美白化粧品です。
お顔全体の美白と部分美白の2つ使いで、様々な角度からシミへと働きかけます。
皮膚のプロが使用者目線で開発し、肌の悩みを抱える多くの女性に納得して頂けるシミに効く化粧品なのです。

 

No.2 ビーグレン
ビーグレンは「10年前に肌の時計を戻す」ため、予防型と漂白型の二つからシミに効くをします。
国際特許を取得した特性の浸透技術を使っているため浸透性が高く、最新の高度美白ケアの3大美白成分を合理的に浸透可能です。
テレビコマーシャルやメディアなどで商品を広めることを全くしていなにのに、商品の優良さが評判となり首位を獲得するまでの評価を得ている美白化粧品です。

 

No.3 アスタリフト
新発想の4次元美白を行うアスタリフト。これはご存知フジイルムより販売されている美白化粧品です。
肌の表面のシミのみでなく、肌の奥深くに隠れている「未来のシミ」と呼ばれるシミ予備軍までもあらゆる角度から働きかけます。
3つの新美白テクノロジーでメラニンの生成を抑えます。浸透力も高いので、効果に期待が持てますね。

シミに効く食材とは?

 

シミを消そうとするなら、美白効果のあるスキンケア商品を使ったり日焼け対策をしますよね。
ですがそれに日々の食事でシミを薄くしたりシミを発生しにくくする作用があるものを摂るようにすると、より効果的です。
スキンケア商品や美白化粧品などの表面的な美白ケアも大切ですが、内側からの美白ケアも同様に大切なのです。
外側と内側から美白効果を促し、短期的に白く透明感がある素肌を掴みませんか?

 

肌のシミ・くすみを取る食材と、日焼け対策に効果のある食材をご紹介していきます。

ビタミンC

ビタミンCは言わずと知れた栄養素ですね。
美しい肌に仕上げるのには必須となる成分ですが、ビタミンCにはシミを薄くする作用もあるのです。
ビタミンCを摂ると、紫外線によって生成されるメラニンを抑える働きがあります。
他にもメラニン色素を還元し、シミを薄くするという働きもあるので、日に当たる時間が長かった日などは優先的に摂るようにしましょう。
ですがここで覚えておきたいのが、長い時間のアウトドアやレジャーなどで紫外線を多く浴びてしまうと予想される日の朝は、ビタミンCを摂ってはいけません。
今から紫外線を浴びるのにビタミンCを摂ってしまえば、逆に日焼けをしやすくなってしまうのです。
ビタミンCは紫外線を受けた後に摂ることでメラニンに作用するので、その日の夜などにビタミンCが豊富に含まれているものを摂取したり、ビタミンC入りのフェイスパック
を使用するといいでしょう。

 

レモン・いちご・グレープフルーツなどの果物にビタミンCは豊富に含まれています。
それに果物は体にとてもいいので、これであれば毎日摂取するとしても問題はありませんしむしろ良いと言えます。
野菜で言えばキャベツやブロッコリー・じゃがいもなどにもビタミンCは豊富に含まれていますよ。

ビタミンA

ビタミンAには新陳代謝を促進する作用がありますので、肌のターンオーバーを正常化します。
他にも角質層に潜むメラニン色素が古い角質と共に取り除かれるので、シミの改善の対策に効果的です。
ビタミンAは、レバーやうなぎが有名ですが、他にもほうれん草やニラ・かぼちゃなどの野菜に多く含まれています。
いつも普通にしている食事ですが、少し気にして摂るようにするといいですね。

抗酸化作用のある食材とは

シミを防ぐ・修復するには抗酸化作用のある食事が効果的です。
抗酸化作用のある栄養分とは、ビタミンEです。
ですのでビタミンEが含まれている食材を摂取すると抗酸化作用の効果もあります。
ビタミンEは主に魚介類い豊富に含まれており、イクラ・筋子・あんこうの肝などです。
ですがこれらはたくさん食べることが困難ですし魚介類が得意でない方も多くいるでしょう。
そんな方は赤ピーマンやナッツ類にもビタミンEは含まれていますので、これらを摂るといいでしょう。

 

他にも、ビタミンEのみでなく、ポリフェノールにも抗酸化物質が多く含まれています。
最近の健康ブームやワインブームなどで、ポリフェノールという言葉を耳にしたことがあるかと思います。
ポリフェノールは加齢や老化を制御する働きがあると共に、アンチエイジングの作用もあります。
シミのみでなくシワ・くすみ・たるみ等のお肌の悩みにも効果的です。
ポリフェノールは赤ワイン・ココア・緑茶等の飲み物に多く含まれています。
他にもりんご・ブルーベリー等のフルーツにも多く含まれています。