MENU

ビーグレンについて

「ビーグレン」は、シミに効く化粧品として抜群の支持率を獲得しています。ですがビーグレンの名前をここで初めて耳にした人もいるのではないでしょうか。ビーグレンはメディアやコマーシャルなどで大々的に宣伝をしていないシミに効く化粧品にも関わらず、なぜここまで強い支持があるのでしょうか?そこでビーグレンが支持される理由をご紹介しましょう。

 

アメリカでトップ技術の美白ケア3つのポイント

漂白型ハイドロキノン

発生してしまったメラニンに有効なハイドロキノン。元来皮膚科で使われているもので、肝斑等の処方に使われています。アメリカのハリウッド女優の美肌を保つために使用されたことで知れ渡り、ハイドロキノンが評判になりました。ハイドロキノンはとても強い働きを持つ成分ですが、配合される量が5%を下回れば悪影響もありません。現状での美白成分の中では群を抜いて有効なハイドロキノン。発生してしまったシミには無敵の美白成分と言えます。

予防型シムホワイト377

シムホワイト377は、発生してしまったシミを薄くする作用は言うまでもなく、シミを予防する働きもある成分です。メラニンの生成を元から抑え、シミとなる前に阻止します。シミ予防成分はこれ以外にも多くありますが、現段階ではシムホワイト377以上に有効となる成分はありません。他にも肌へのあたりが非常にソフトで、敏感肌の方でも気軽に使えることができます。
シムホワイト377は最早世界中の美容業界から極めて注目の高いシミ予防成分なのです。

抗酸化型ビタミンC

ビタミンCには美白効果があることは良く知られています。なので多くの美白化粧品にビタミンCが含まれています。ビタミンCには抗酸化作用があり、紫外線により作られる有害物質活性さんをを取り除く作用があります。ですのでシミのできにくい肌に導くには、ビタミンCが必須となるのです。
ビーグレンに使われているビタミンCは、「ピュアビタミンC」という成分で、比較するとピュアビタミンCのほうが活性酸素を取り除く効果が大きいのです。

ビーグレンの浸透効果

どれだけ良い成分を含んでいるスキンケア商品でも、肌に浸透する働きが低ければ無意味です。とすれば、スキンケア商品で最も大事なのが浸透力と言っても良いでしょう。ビーグレンは浸透効果が非常に高いスキンケア商品で、その浸透効果は国際特許を取得するまでとなっています。
カルフォルニア大学で行われた分析によると、今までのクリーム2つとビーグレンのクリームで皮膚浸透効果比較調査を行ったところ、ビーグレンの美白クリームはこれ以外のクリームと比較するとおよそ3倍もの浸透効果があるとの結果が出ました。ずば抜けた浸透効果と優秀な美白成分の相乗作用によって、90日間でメラニンが8割以上も減ったという記録が出ています。

 

 

▼ビーグレンの公式サイトはこちら▼

ビーグレン