MENU

アユーラ ウェルバランスと睡眠

アユーラのウェルバランスは、肌・体・心の巡りを整調し東洋美容を取り入れ、個々のバランスが纏まった美しさを導きます。
現代女性は、睡眠時間も満足に取れず、乾燥・肌のくすみ等の肌トラブルを招きやすくなっています。
このように日々忙しくして疲れ気味の女性のお肌を、ウェルバランスは充分な睡眠により入手することが出来る肌・体・心が整調された状態へと導いてくれます。
東洋美容の知恵と現代の化学が一つになった新シリーズ「アユーラ ウェルバランス」は、キメの細かいクリアな肌を作ります。

 

○睡眠環境 「寝室」

 

肌をどのような状態にするかは、いずれも睡眠と深く関係します。どれだけ良いスキンケア商品も、睡眠の効果には劣ります。
アユーラのウェルバランスは、その睡眠のグレードを良くすることにより、更に効果を感じて頂けます。
そこで、美肌を作るための良い睡眠環境を作るコツをご紹介します。

 

1.寝室の温度

 

気持ちの良い睡眠を取るために適合する部屋の温度は、20度前後とされています。
季節により外の環境が変わるように、これに適した寝室の温度も変えていきましょう。
夏場は25度前後、冬場は18度前後が心地よい温度でしょう。
他にも夏場はどうしてもエアコンをつけたまま寝てしまいがちですが、それでは体が冷えてしまい気だるさが残ります。
朝起きるのが辛くなってしまうので、エアコンはタイマーをかけて就寝するのが良いでしょう。

 

2.寝室の湿度

 

心地よい睡眠をとるために適している湿度は50〜60%です。湿度が高いとじっとりと寝苦しくなり、肌も菌を繁殖させやくすなってしまうのです。
ですから夏場や梅雨の間はエアコンの除湿機能を利用するなどして部屋の湿度を整えましょう。
反対に冬場は空気が乾燥しているので、冬場だけ乾燥肌になる、なんて人も少なくはありません。元々乾燥肌の人も辛いですよね。
ですので加湿器を利用して湿度を上げるか、濡れタオルを寝室に置くなどして対策しましょう。

 

3.照明

 

人が快適に眠るために適している部屋の明るさは30ルックスとされています。
30ルックスは月明かり程の明るさで、人がほっとする感じの明るさです。
真っ暗にしないと眠れない!という方も多いかと思いますが、僅かでも光があったほうが人は心地いいと感じるのです。
光はライトダウンではなく、直に目に入ることのない間接照明が適しています。

 

4.音楽

 

ここで述べる音楽とは、好みのジャンルの音楽ではなく、リラクゼーションの効果がある音楽を選ぶようにしましょう。
例えるなら、小鳥のさえずりや小風の音などです。このようにゆらぎリズムと呼ばれるものを毎日の就寝する前に聴いていると、
それが習慣となり眠りにつきやすくなるのです。
人は無意味な音に対しては脳が影響しないようになっていて、エネルギーを消費することを抑えます。
そうすると脳は自然と眠りにつきやすくなるのです。

 

5.寝具

 

気持ちが良いと感じる寝具かどうかは、睡眠の質のカギを握ります。
・布団
ただ柔らかいだけの布団よりも、僅かに固さがあり寝返りがうちやすい布団を使いましょう。
加えて保湿性と吸湿性が高いものを使うと尚良しです。

 

・枕
自分に適していない枕を使用していると、睡眠が妨げられるだけでなく首や肩などが凝ってしまいます。
自分に適した硬さ・匂い・素材のものを選ぶようにしましょう。
最も大切なの枕の高さは、2〜6センチと言われています。