MENU

ハイドロキノンが含まれている安心して使えるスキンケア商品とは

当サイトにて幾度もハイドロキノンについて述べてきましたが、ハイドロキノンは日本国内に実在する美白有効成分の中でも最も美白効果の高い成分です。
よく耳にする美白アルブチンのなんと100倍もの効き目があるんですよ。
ですがそれほどの効果をもたらす美白成分ですので、数多くの化粧品メーカーがハイドロキノンに感心を寄せています。
ハイドロキノンが国内でスキンケア商品や化粧品に配合出来るようになったのは2011年、とついこの間なのです。
ハイドロキノンという漂白効果が非常に高い成分が配合出来るようになってからというもの、
数多くのハイドロキノンが含まれているスキンケア商品やシミに効く化粧品があらゆるところで販売されるようになっています。
ですが一つ気をつけておきたいのが、ハイドロキノンが含まれている全ての商品の安全面が高いとは言い切れません。
販売されてるのに安全に使えないの?とびっくりされるかもしれませんが、選択方法を失敗しなければ安全にお使い頂けます。

 

これまでに、ハイドロキノンが含まれている化粧品を使って肌に不具合が出たという事例があるのです。
ネット上の口コミが投稿されるサイトでも、とあるハイドロキノンが含まれているスキンケア商品を使ったところ、肌荒れをしてしまったというような書き込みも見られます。
ハイドロキノンは美白の効力が高いだけに、その分肌にも負荷を与えているのです。
ハイドロキノンによって発生する不具合とは、かぶれ・赤み・アレルギー症状・色素沈着などです。
ですがこのような不具合が発生する商品には、ハイドロキノンが多く含まれている商品なのです。
ですからハイドロキノンが危険な成分ではなく、含まれている量、つまり濃度の高いハイドロキノンが危険なのです。
なのでハイドロキノンの濃度が低い商品を選択し購入すれば、安心してお使い頂けます。
とは言ってもハイドロキノンの含まれている量が多いほどに美白の効き目は大きいので、使う側としては短期で効き目が表れる商品を選びたくなりますよね。
多数の化粧品メーカーも、販売実績を上げるために効き目優先になってしまいます。
安全面は二の次で、大抵の人の肌に適すれば買った人の都合というわけです。
実際にあった購入者と化粧品メーカーの問題を挙げると、ハイドロキノンが多く含まれているスキンケア商品を使う前に予めパッチテストをした購入者が、
肌に赤みが発生したのでメーカー側に返品を申し出たそうです。
ですがメーカー側は、「一度開けてしまった商品の返品は致しかねます」と申し出を断り続けたそうです。
購入した商品のラベルには、「一度パッチテストを行ってからの使用をお願いします」と書かれているにも関わらず、返品の申し出には応じない有り様だったそうです。
そもそもパッチテストを行うには商品を開封しなければ出来るはずがありませんよね?筋違いと言えますね。
ですが申し上げたようなパッチテストをしても返品に応じてくれない化粧品メーカーも実際にあるそうです。

最初にパッチテストをしなければいけないような化粧品は安全と言えるのでしょうか?
販売側は安全して使える商品のみを販売するのが当たり前と思いますが、「これが商売なので」と言われてしまえばこちら側は反論出来ません。
ですがそのような商品を販売するメーカーを信じて使うのも如何なものかと思います。
どれだけハイドロキノンが多く含まれていて美白の効き目が高いとしても、どちらにせよ日々使うものです。
信頼性の高いメーカーの安心して使える商品を購入し使用したいですよね。
ですのでこちらで調査した信頼性・安全性の高いハイドロキノンが含まれている商品をご紹介したいと思います。
調査したところ、2社が上がりました。
ですが今から紹介する2つの商品は、安全面はもちろんのこと、美白の効き目・保湿効果・浸透力も高いので、普通に市販されている濃度の高いハイドロキノン化粧品より効き目があります。

 

No.1 ビーグレン

 

ビーグレンは「10年前に肌の時計を戻す」ため、予防型と漂白型の両方からシミに効くケアをします。
国際特許を取得した特性の浸透技術を活用し浸透性を高め、トップ技術の美白ケアの3大美白を能率的に浸透が可能なのです。
宣伝媒体やコマーシャルなどで広ることをしていないのにも関わらず、その商品の優秀が評判となり首位を獲得するまでに多くの人々から支持を集める美白化粧品です。

 

No.2 アンプルール
皮膚のプロフェッショナルが開発したスキンケア商品のアンプルールは、新安定型のハイドロキノンが含まれています。
お顔全体と部分的の双方からケアをすることでメラニンの生成を抑え、現にあるシミやくすみの改善はもちろんのこと、肌の奥に隠れているシミ予備軍にも作用します。