MENU

ハイドロキノン配合の安全なスキンケア商品

美白成分には数多くありますが、今最も効果的なのがハイドロキノンです。
ですのでハイドロキノンが含まれているスキンケア商品が今注目を浴びています。
ところがハイドロキノンが含まれているスキンケア商品はいずれも同様ではありません。
ハイドロキノンという成分そのものは、使い方や内容量を厳守しなければ肌にダメージを与えてしまうのです。
ですがこればかりは自身でどうにかしようとしても出来るものではなく、その商品に含まれている内容量により異なります。
結局通常のメーカーは販売実績のために多く販売するので、何とかして効果を出したいのでしょう。
となるとハイドロキノンの含まれている量を多くしようとするメーカーがほとんどになってしまうのが現状です。
ですがハイドロキノンは含まれている量が多いと副作用を起こしてしまう恐れがあるため、ハイドロキノンが含まれているスキンケア商品を購入
するならば注意が必要となってきます。

 

そこでハイドロキノンが含まれているスキンケア商品を選択する際に頭に入れておきたい点を3点ご紹介します。

 

その1 濃度が高くない

 

先ほど述べたように、ハイドロキノンは含まれている量、つまり濃度が高ければ高いほど肌にダメージを与えてしまうことがあります。
人によって異なりますが、かぶれてしまったり痒くなってしまったり、赤み・アレルギー反応が出てしまうなどといった悪影響が出る可能性が高くなりますので、
可能な限り濃度が低いハイドロキノンが含まれている商品を選択しましょう。
厚生労働省が勧告しているハイドロキノン配合量は2%です。2%でも美容効果には申し分ない量なので、欲を出して濃度の高い商品を購入してしまわないようにしましょう。
ハイドロキノンは4%位から悪影響を及ぼす率が高くなります。
5%を超えると非常に危険でより悪影響を受ける確率が高くなってしまうのですが、普通のメーカーのスキンケア商品は5%を超えるハイドロキノンが含まれていることが
よくあります。
肌を美しくしたくて良いものを使うのに、肌に負荷を掛けることになってしまったら無意味ですよね。

 

その2 浸透性の高さ

 

いかに美白効果の期待できるハイドロキノンを含まれている製品でも、製品そのものに浸透性がなければ無意味です。
肌の奥深くまで浸透しないとハイドロキノンの有効性はほとんど無いので、浸透性は重要になってきます。
もしハイドロキノンが2%含まれた化粧水と5%含まれた化粧水とでは、美白効果が高いのはどちらだと思いますか?と
問われたとき、数字が高い5%と答えてしまいがちですが、実際のところ含まれているパーセンテージはさほど大切ではないのです。
化粧水の浸透性により含まれている有効成分の効き目が異なります。
すなわち濃度が低い数値でも浸透性が高ければハイドロキノンの効き目が十分に表れるということです。

 

その3 保湿効果の高さ

 

ハイドロキノンの含まれている量と浸透性、それに保湿効果の高さです。
保湿と美白って繋がりがあるの?と思ってしまう方もいるかと思いますが、実際は非常に繋がりが深いのです。
乾燥した肌ですと、紫外線を受けやすくなりシミができやすくなってしまいます。
となると、どれだけ美白効果のあるスキンケア商品を使っても効力は期待できないでしょう。
ですのでスキンケア商品は保湿効果が高いものを選択する必要があります。

 

以上3点をクリアしているハイドロキノンが含まれている化粧品を選ぶ必要がありますが、実のところこの3点をクリアしている商品は数少ないのです。
そこで数少ない商品の中から2種類のスキンケア商品をご紹介します。

 

・アンプルール

 

皮膚のスペシャリストが開発したスキンケア商品のアンプルールは、「新安定型ハイドロキノン」を高密度に配合しています。
美容液を部分的・全体的と双方からケアすることによりメラニンの生成を抑え、現にあるシミ・くすみを改善することはもちろんのこと、
肌の奥に隠れているシミ予備軍にも作用します。

 

・ビーグレン

 

ビーグレンは「10年前に肌の時計を戻す」ため、予備型と漂白型の双方からシミに効くケアをします。
国際特許を取得した特性の浸透技術を活用し浸透性を高め、トップ技術の美白ケアの3大美白を能率的に浸透が可能なのです。
宣伝媒体やコマーシャルなどで広ることをしていないのにも関わらず、その商品の優秀が評判となり首位を獲得するまでに多くの人々から支持されている美白化粧品です。