MENU

肌のこすりすぎがシミ要因に?!

年齢を重ねると増えていくシミ。
大抵は紫外線によるメラニンの増加が要因ですが、実のところこれ以外にもシミが出来てしまう要因はあるのです。

 

今あなたの悩みの種となっているそのシミ、もしかすると肌の擦りすぎによって出来たものかもしれません。

 

洗顔をする歳にお顔の汚れを落とすために、ゴシゴシと力を入れて擦り過ぎるとそれによって肌に刺激が与えられ、色素沈着を引き起こします。
これがシミに変わっていくのです。
肌の汚れを落とすために使っている洗顔道具も、肌を擦り過ぎてシミを発生させる要因になりかねません。
ですので洗顔は出来る限りお肌を刺激しないように優しく行わなければいけないのです。

 

クレンジングは可能な限り肌の上で乳化させ擦らないようにし、洗顔は強く擦らずにたくさんの泡で撫でるようにして洗いましょう。

 

他にも顔のみでなく、腕・足など他の箇所も同様です。
ボディタオルがナイロン素材ですと、肌に負荷が掛かり色素沈着の要因となってしまうこともあります。
ナイロン素材は出来るなら辞めて、綿素材の肌に負荷が掛かりにくいものに替えましょう。

 

それではなぜ肌を擦り過ぎるとシミや色素沈着が起こってしまうのかをお教えします。

 

肌を擦ると、皮膚にあるメラニンが増えてしまいます。
少し擦るのであれば支障はありませんが、幾度も反復することで表皮のメラニンも増え続けてしまい、メラニンが蓄えられ色素沈着へと繋がります。

 

他に、このメラニンが紫外線に当たってしまうと悪化してしまいます。
紫外線の光により濃い色素沈着となるので、もしも色素沈着を発見したら紫外線対策を念入りに行いましょう。

 

もしも際立った色素沈着が発生してしまったら、その箇所にこれまで以上の刺激や紫外線によるダメージを与えないことが重要です。
加えてビタミンC誘導体やハイドロキノンが含まれたスキンケア商品等を使用するのも有効です。