MENU

美白効果のある栄養素のビタミンAについて

表面的な美白ケアのみでなく、美白成分を内側から摂取することにより美白効果がより有効になります。
ビタミンCやビタミンE・ポリフェノール等の成分も美白効果があり、その他にも有効な成分は沢山あります。
そこで今回はその中からビタミンAについて少々ご説明致します。

 

ビタミンAは緑黄色野菜に豊富に含まれていて、かぼちゃ・ほうれん草・ニラ等がそれに当たります。
他にもうなぎやレバーにも非常に豊富に含まれていて、更に加熱によって吸収率が上がるので、生のまま食べるより火を通して食べた方が良いでしょう。

 

ビタミンAは別名レチノールとも言い、スキンケア商品等に配合されることが多い美白成分の中の一つです。
新陳代謝を促進させる働きがあるため、粘膜や皮膚等の育て回復力を高めるのです。
またアンチエイジング効果もあり、様々な細胞を活発化し維持させて、乾燥肌やシミに効くにも有効です。
肌のみでなく髪の毛・目にも良いとされていて、疲労回復効果による視力低下を防いだり、夜盲症の予防にも効果があります。

 

ビタミンAが肌に与える作用とは、不要となった角質を落としターンオーバーを正常化します。
すなわち不要な角質による肌のざらつきを抑えたり、保湿成分を増やす・コラーゲンを生成する・ケラチンの増殖・血流が上がり血行促進させる等の
作用があるということです。
他にもメラニン色素が沈着した不要な角質も落としますので、シミを除去し白くクリアなお肌へと繋がります。

美白効果のある栄養素のビタミンAについて関連ページ

シミのレーザー治療とは
顔にシミがあるだけで、実年齢より老けて見えたり目に付いたりしてしまいますよね。
シミ対策・美白ケアといえば紫外線対策です!
シミは一度現れるとなかなか消えなくて悩まされますよね。
シミを防ぎ透明感のある肌を目指そう
シミは女性の皆さんにとっては非常に煩わしいものですよね。
洗顔の方法でシミ対策を
なんと、洗顔の手法でシミが増えるのを抑えることが出来るのです。
皮膚科で行うシミ治療について
美白化粧品やシミ対策をしているのに、シミの悩みをお持ちの方もいらっしゃるのでは?
紫外線の種類 3種について
シミの大抵の要因は紫外線によるものです。
大人になってからのシミ対策
30歳に近づいてきたら、不意にシミが気になってきた・・・ということに心当たりはありませんか?
UVケアの種類 SPFとPAとは
日々の紫外線予防として、UVカットの効き目が入っている化粧品を使ったり、日焼け止めを塗ったりと対策をしますよね。