MENU

UVケアの種類 SPFとPAとは

日々の紫外線予防として、UVカットの効き目が入っている化粧品を使ったり、日焼け止めを塗ったりと対策をしますよね。
例えば日焼け止めの商品に、「PA」や「SPF」との表記がされているのを見たことがあるのではないでしょうか。
この二つの表記について、内容をよくご存知ですか?説明してください、と言われても、詳しく説明することが出来ない方が大勢いらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、「SPF」と「PA」について、ご説明させて頂きます。

 

○SPF
SPFは紫外線防御指数を表すもので、紫外線UVBを防止する作用があります。
日焼け止めクリームやUVカット対応のファンデーションや化粧下地などに表記されている「SPF50」や「SPF25」等は、紫外線UVBを
どれほど長い時間防止できるかということなのです。
SPF表記の後に書かれている数字が高い数字なほど、紫外線を防止できる働きが維持できるということです。
ですが、SPFの数字が高いほど、紫外線防止の働きが高いということではないのです。
数字が高い程、紫外線を防止出来る時間は長いですが、紫外線防止の強弱を表す数字ではないので、お間違えのないようにしましょう。

 

○PA
SPFと同様に、日焼け止めクリームやUVカット対応の製品に表記されているものです。
ですがPAの表記は「PA+」や「PA++」のようにPAの後に「+」が書かれていて、この「+」は1〜3段階まであります。
SPFはUVB防止ですが、PAは紫外線UVAを防止する値を示します。
紫外線を浴びることで怖いのがシミですが、そのシミの要因となってしまうUVAは、PAの値が高い程に防止する作用があるということです。

 

以上ののとおり、2種類のUVカットにより紫外線を防ぐのですが、SPFとPAの値が最も高い商品を選択すればベストでしょ?と思ってしまいがちですよね。
ですがここで念頭に入れておきたいことがあるのです。
確実に値が高い方がUVカットする確率も上がり、紫外線を防ぐこともできます。
ですが値が最も高い化粧品や日焼け止めクリームは、紫外線吸収剤や紫外線反射材といった化学物質が配合されているのです。
化学物質は、残念ながら肌には良くないもので、肌に負荷が掛かってしまうのです。
となると、『SPF50・PA+++』といった表記がある製品は最も紫外線を防ぐ事が出来る製品となりますが、双方とも値が最も高いため、
肌への負荷もその分掛かってしまっているということになります。
肌に負荷が掛かるなら値が低いものを使えばいいということ?と思ってしまいますよね。
正直、肌への負荷を考えると、あまりお勧めはできません。
ですが屋外のプールや海など、長時間アウトドアを楽しむような場合は、SPFの数字が高い日焼け止めを使うのが適しています。
もしそういった場合に使わないと、直に肌へ紫外線を浴びてしまうことになるので、非常に危ないです。
また短時間の外出や日々の通勤の際に使うのであれば、肌に負荷の少ないSPFの数字が低い製品を使用すると、肌への負荷が少なくて済みますね。
時と場合によって上手に使い分けるのが最良と言えるでしょう。

UVケアの種類 SPFとPAとは関連ページ

シミのレーザー治療とは
顔にシミがあるだけで、実年齢より老けて見えたり目に付いたりしてしまいますよね。
シミ対策・美白ケアといえば紫外線対策です!
シミは一度現れるとなかなか消えなくて悩まされますよね。
シミを防ぎ透明感のある肌を目指そう
シミは女性の皆さんにとっては非常に煩わしいものですよね。
洗顔の方法でシミ対策を
なんと、洗顔の手法でシミが増えるのを抑えることが出来るのです。
皮膚科で行うシミ治療について
美白化粧品やシミ対策をしているのに、シミの悩みをお持ちの方もいらっしゃるのでは?
紫外線の種類 3種について
シミの大抵の要因は紫外線によるものです。
美白効果のある栄養素のビタミンAについて
表面的な美白ケアのみでなく、美白成分を内側から摂取することにより美白効果がより有効になります。
大人になってからのシミ対策
30歳に近づいてきたら、不意にシミが気になってきた・・・ということに心当たりはありませんか?