MENU

大人になってからのシミに効く

30歳に近づいてきたら、不意にシミが気になってきた・・・ということに心当たりはありませんか?
20代半ばはお肌の曲がり角と言われるほど、10代のころと比べると肌トラブルに悩むようになりますよね。
10代や20代前半は少し夜ふかしをしたり無理をしてもさほど肌に悩むような事態にはならなかったと思います。
もしあったとしても、皮脂分泌によって出来るニキビくらいですよね。
例えば海や屋外プールに言って日に焼けてしまってもすぐに元の肌の状態に戻っていたし、寝不足や徹夜をしても肌トラブルが
起こるなんてことは少なかったのではないでしょうか。
ですが20代後半を過ぎると、気にせずにはいられなくなります。
夜更しをすれば次の日の朝は肌触りがいつもと違っていたり、化粧ノリも悪くなりますよね。
他にも肌荒れや乾燥などでなはく、今までは見られなかったシミが出始めたりするのです。
これは若いころに受けてしまい潜んでいた紫外線が歳月を掛けて表面に出てきたものです。
歳月を掛けて発生したシミは簡単には消えず、非常に煩わしいです。
そんな風に気づいてから美白化粧品に気を遣うようになりますよね。

 

30代に入ると20代に発生したシミと種類が変質します。
こめかみや頬骨・おでこ・口周辺に発生したシミは「肝斑」と呼ばれ、左右に同じように発生することがほとんどです。
若いころからちゃんとシミに効くしてたのに・・・と思う方はもしかしたらそれは肝斑かもしれません。
肝斑も多種多様で、レーザー治療で除去したりピーリングで色を薄くすることが可能な肝斑もありますが、反対に悪化してしまう恐れもあります。
種類により対処法も異なるので、肝斑を消したいのであれば最初に皮膚科に行きましょう。
皮膚科でも肝斑の治療が可能で、肝斑を消す薬を処方してくれます。

 

長い間同じようなシミに効くや美白ケアを行っていても無意味です。
シミも年齢を重ねていくうちに変質していきますので、美白ケアも年齢と一緒に変化させていきましょう。

大人になってからのシミ対策関連ページ

シミのレーザー治療とは
顔にシミがあるだけで、実年齢より老けて見えたり目に付いたりしてしまいますよね。
シミ対策・美白ケアといえば紫外線対策です!
シミは一度現れるとなかなか消えなくて悩まされますよね。
シミを防ぎ透明感のある肌を目指そう
シミは女性の皆さんにとっては非常に煩わしいものですよね。
洗顔の方法でシミ対策を
なんと、洗顔の手法でシミが増えるのを抑えることが出来るのです。
皮膚科で行うシミ治療について
美白化粧品やシミ対策をしているのに、シミの悩みをお持ちの方もいらっしゃるのでは?
紫外線の種類 3種について
シミの大抵の要因は紫外線によるものです。
美白効果のある栄養素のビタミンAについて
表面的な美白ケアのみでなく、美白成分を内側から摂取することにより美白効果がより有効になります。
UVケアの種類 SPFとPAとは
日々の紫外線予防として、UVカットの効き目が入っている化粧品を使ったり、日焼け止めを塗ったりと対策をしますよね。