MENU

シミに効果的な美白美容液について

シミに効くや美容化粧品の中でも、美白美容液が最も濃度が高く能率的なのです。
ですが美白美容液もスキンケア商品と同じく、数多くの種類があるため、一体どれを選べば良いのか迷いますよね。
もともと美容液というものは安価で売っているものではありません。ですからほとんど効果が見られない美白美容液を買っても無意味です。
だったらどの美白美容液がいいの?とお思いの方に、効果的な美白美容液をランキングでご紹介。

 

ビーグレン

ビーグレンは「10年前に肌の時計を戻す」ため、予防型と美白型の2つでシミに効くケアを行います。
国際特許を取得した特有の浸透技術を使っているため浸透性が高く、最先端の美白ケア、3大美白成分を能率的に浸透させることが可能です。
メディアやコマーシャルなどで大々的に広めることをしていないのにも関わらず、商品の優秀さが評判となり首位を獲得するまでに多くの指示を集めている美白化粧品です。

 

ラグジュアリーホワイト

数多くの女性誌で何度も掲載されているラグジュアリーホワイトは、最優秀ベストコスメ大賞を受賞するほどの人気な美白化粧品です。
全体と部分での美白を行い、様々な方向からシミへと働きかけます。
皮膚のプロが使用者目線で開発していて、肌トラブルの悩みをかかける女性に納得して頂けるシミに効く化粧品です。

 

メラノコンセントレート

エイボンから販売されているメラノコンセントレートは、美白有効成分「ビタミンCエチル」に加え新保湿成分「ヒメフウロエキス」を一緒に調合しています。
シミに効くのための特有の技術でメラニンの生成とシミ予備軍を阻止!シミ抑制効果が非常に高いので、現在最も注目を浴びている美白美容液です。
商品価格は他社製品と比較すると少々お高く思えますが、品質が優良ですので納得です。

 

アスタリフト

新発想の4次元美白を行うアスタリフト。これはお馴染みフジフイルムから販売されている美白化粧品です。
肌の表面にあるシミのみでなく、肌の奥深くに隠れているシミ予備軍「未来のシミ」にまであらゆる角度から働きかけます。
3つの新美白テクノロジーでメラニンの生成をストップ!高い浸透性があるので、効果は期待大です。

 

デルメッド

製薬会社が開発したデルメッドホワイトニングシリーズは、複合成分「ピュールブラン」を調合していて、使用した当日からシミの元となるメラニンの生成を抑えます。
美白成分の研究を継続して50年という歴史を持つ製薬会社が開発しているので、効果は折り紙付きです。
他にも厳選された素材を使っているので、敏感肌の方でも気軽にお使い頂けます。

 

 

美白美容液の使い方の他に気をつけたい事項

 

保湿最重視

シミを発生させないためには紫外線予防は欠かせません。ですが肌が乾燥してしまっていると抵抗力が下がり、同量の紫外線を浴びていても受けるダメージの大きさに違いが出てきます。
ですから美白美容液ももちろん大事ですが、第一に肌の保湿を重視しましょう。
特に保湿を怠けてしまいがちな夏時は、エアコンの使用などで空気自体が乾燥しがちです。ですから冬時と同じように怠けずに保湿を行わなければなりません。

 

ファンデーションは薄付きがオススメ

ファンデーションはほぼ毎日肌に伸ばしますよね。ですがこのファンデーションがシミを消えにくくしている要因でもあるのです。
結局ファンデーションはシミやくすみを隠すために毎日塗るもので、どうたってもこれが肌に負荷を与えてしまいます。
ファンデーションの種類の中でも特にリキッドファンデーションは注意を要します。
とは言え、仕事や外に出るときにファンデーションを塗らないというわけにはいきませんよね。
ですがシミを出来るだけ早く消したいとお思いの方は、ファンデーションを出来る限り薄く塗るようにしましょう。
シミやくまなどのどうしても気になる箇所には濃いファンデーションを使用し、その箇所以外は薄付きが好ましいです。
もしもファンデーションをつけながらもシミに効くを行いたければ、美容液ファンデーション「薬用クリアエステヴェール」がお勧めです。

 

日焼け止めは年中使いましょう

紫外線は春や夏のみでなく、毎日のようひ降り注いでいます。ですから可能な限り年中日焼け対策を行ったほうが、シミができにくくなります。
近頃ではUV効果が含まれているファンデーションや化粧下地も多く販売されています。
秋や冬などは下地やファンデーションで十分な対策になるかと思いますが、春・夏になると日差しは強くなり、これだけでは紫外線対策を十分に行えません。
ですからファンデーションや下地の他にもUV効果があるものを使用することになりますよね。
ところが多くの方がSPFが高い値のもを選んでしまいがちです。
日焼け止めには紫外線吸収剤という化学成分が配合されていて、この成分は肌に大きな負荷を与えます。
「SPFが高くないと効果があるかわからないから・・・」と思ってしまうかもしれませんが、覚えておきたいことを1つ。
SPFの数値は紫外線を防ぐ数値ではなく、日焼け止めの効果を維持できる時間を表すものです。
ですからSPF20も30も50も、いずれも紫外線を防ぐ効果は同様なのです。
SPF1はおよそ15分とのことで、多少の外出であればSPF20〜25で充分と言えます。
特別に高い数値のものを使わなくても、紫外線対策は十分に行えます。