MENU

「美白」って具体的にどういう意味?

■「美白」って具体的にどういう意味?

 

あなたは透明感ある肌になりたい!と願ったことはありませんか? 多くの女性にとって美肌は憧れの対象です。しかし、どういった状態を美白というのか、具体的に説明できる人は少ないと思います。

 

シミ・そばかす・くすみが無い状態を美白と言う人もいるでしょうし、肌が白くなれば美白と感じる人もいるはず。

 

実際の美白については、定義があるのでこの機会にぜひ憶えておきましょう。

 

 

■美白の定義について

 

美白については、公共機関(厚生労働省)による定義があり明記されています。メラニン生成を抑え、シミ・くすみを抑えること、というのがその内容となります。

 

そして、「厚生労働省」が定める美白の定義を基に、コスメ業界は開発・販売を行っており、私たちが使用する形になるのです。

 

厚労省の認可をパスしたものは医薬部外品として、美白効果を得られる製品として販売ができるルールとなります。

 

 

■美白というワード、使用されるキッカケ

 

美白という表現は以前からあったワケではありません。その歴史は浅く、90年台。とあるコスメ会社による造語として広まりました。

 

現在は普通に使用される美白という表現ですが、ちょっと前までは存在しなかった表現なのです。

 

 

■美白の解釈は個人差がある

 

公共機関が指定するルールがある美白というワードですが、私たちの解釈には個人差がありますよね。

 

美白とひと言で表しても、透明感ある透き通った肌をイメージする人もいれば、シミ・そばかす・シワが解消された状態、をイメージする人もいるでしょう。

 

また、日焼けしていない白い肌なのかもしれませんし、キメの整った状態かもしれません。

 

このように、美白はそれぞれの解釈があるのですが、どのような意味においても、まいにちのケアがとても重要になってくるのは間違いありません。