MENU

肌に透明感が無いとき、シミに効く飲み薬で摂取するべき成分は?

■肌に透明感が無いとき、シミに効く飲み薬で摂取するべき成分は?

 

肌の透明感が失われた状態、つまり「くすみ」が目立つとき、複数の原因が考えられます。

 

洗顔時、本来除去しておくべきはずの皮脂を残し、そのまま毛穴づまりを起こして皮脂の角質が層になってしまったり、紫外線による日焼けでくすみが生じたりしていると肌トラブルに直結しやすくなります。

 

くすみを解消し、透明感あるキレイな肌を目指したいなら、問題となるポイントを把握し、適切にケアを行う必要があります。

 

 

■メラニンによる「くすみ」の対処法

 

肌の大敵である紫外線を過剰に浴びるとメラニン生成が活発になります。

 

その結果くすみが生じるのですが、予防策としてビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、といった成分を配合しているシミに効く飲み薬を使用してみると良いでしょう。

 

上記ビタミンはそれぞれ肌のくすみを促す活性酸素を抑制する機能があり、肌に生じるメラニン生成の進行を抑える期待ができます。

 

 

■肌の乾燥を避ける

 

肌の乾燥状態は、さまざまな肌トラブルの原因になるリスクが高まります。

 

シミ・シワ・くすみ、といった問題は乾燥した環境にずっと居たり、加齢後の適切な肌ケアを怠ったりした場合、トラブルの度合いが大きくなりがちです。

 

乾燥による肌トラブルを防ぐ意味でも、保湿機能を盛り込んだシミに効く飲み薬を選択しておくことをオススメします。

 

特に、青魚に含まれる「オメガ3脂肪酸」は、保湿効果が期待できると最近、注目を集めている健康成分です。

 

 

■肌の「くすみ」は糖化が影響しているかも

 

あなたの肌は、黄色に近く、くすみがあったりしませんか?

 

黄色っぽい肌で、透明感が無く、くすみがちになっている場合、体内のたんぱく質と糖質が結合し、老化スピードを早めている可能性があります。

 

過剰な糖質摂取、ストレスは透明感を失わせる肌トラブルの大きな要因となります。

 

肌のくすみについては、原因は個人差があったり、一概には言いにくい問題ではありますが、どのような場合であっても適切なケアを行っていくべきです。

 

シミに効く飲み薬を使用する上で、有効成分がもたらす効果と、ご自身の肌質についての相性をある程度把握しておくようにしてみてください。

 

シミに効く飲み薬をやみくもに摂取しても、思うような効果が得るのは難しいため、ご自身の目的や、肌との相性を踏まえた上で賢く選択していきましょう。