MENU

シミに効く飲み薬がもたらすデメリット、白髪について

■シミに効く飲み薬がもたらすデメリット、白髪について

 

シミに効く飲み薬といえば、肌を透明感ある状態にするべくシミ・くすみを解消してくれるのが魅力のアイテム。

 

白い肌を手に入れたいなら選択肢に入れておく価値があります。が、肌を美しく見せるメリットがある一方で、髪に白髪が増えるデメリットが考えられます。

 

今後、シミに効く飲み薬を使っていこうと検討しているのでしたら知っておくべき内容といえます。

 

今回は美白サプリと白髪の関係について考えていきましょう。

 

 

■美白サプリは、使用で白髪がふえる?

 

シミに効く飲み薬に含まれる成分には、肌を白くするために邪魔なメラニン生成を抑える機能が含まれているため、結果として白髪が増えるデメリットをもたらします。

 

もちろん、美白サプリを服用した結果、毛髪に与える影響は限られています。全体的に一気に白髪が増大するというレベルではないので過度な心配は無用です。

 

シミに効く飲み薬は、メラニン色素への影響を与えます。具体的に言うと、メラニン生成に必要な「チロシナーゼ」の働きを抑えます。

 

チロシナーゼの機能が弱まることで肌が白くなるのですが、毛髪の黒を作り出す働きも同時に抑制してしまうため白髪が増えるのです。

 

シミに効く飲み薬を使用して白髪がふえる原因は、メラニン色素との関連性があるということですね。

 

 

■体内に働きかける美白細分は、肌以外への影響も考えられる

 

私たちの毛髪が黒いのは、メラニン色素を分泌する「メラノサイト」が機能しているためです。

 

毛髪の持つ色については、毛母細胞の分裂により形成されていきます。

 

シミに効く飲み薬を体内に入れると、メラニン色素が本来の活動量よりもスローペースとなるため、髪の毛に白髪ができやすくなります。

 

が、シミに効く飲み薬を使用している間、髪の毛の色素生成を促す成分も同時に摂取しておくと白髪をふやすリスクを抑えることが可能です。

 

ちなみに、毛髪の色素生成については「ビオチン」といわれる成分を摂取するのが好ましいとされています。

 

肌を白くし、透明感ある肌を作る上で、シミに効く飲み薬は強い味方となりますが、同時に髪の毛への副作用が考えられるため、心配な人はビオチンが配合されているタイプを選択しておくと良いと思います。

 

ただ、シミに効く飲み薬を使用することで白髪が増えるというケースは万人に当てはまるほど大きな問題とはいえないので、神経質になる必要はありません。

 

近年のシミに効く飲み薬は上記の「ビオチン」が配合されているタイプも多くあります。気になる場合は内容成分をチェックし、安心できると思えるサプリを使うようにしましょう。